お部屋にも潤い観葉植物

観葉植物でお部屋に癒しと潤いを!

お気に入りの観葉植物を傷つけずに植え替えるための心得

観葉植物は植木鉢やプランターなどで育てて鑑賞するのが一般的な楽しみ方ですが、成長に伴い根が伸びすぎて既存の植木鉢などに収まらないケースがあります。
そのまま放置すると根詰まりを引き起こして花や葉の色が悪くなったり枯れてしまうこともあるので、より大きい植木鉢やプランターに植え替えを行う必要があります。
観葉植物の植え替えを行う際、根に傷が付くと後の生育に悪影響が及ぶので作業は慎重に行います。
また、汚れが付着すると病気に感染して枯れてしまう可能性もあるので、清潔な環境で作業を行うように心がけます。
観葉植物の植え替えは正しい知識に基づいて行う必要があるので、それぞれの品種の特徴を踏まえたうえで速やかに作業を進めます。
また、気温や湿度を事前に確認したうえで最適な環境の中で作業を行うことが長持ちさせるための条件になります。
手の皮脂や雑菌も枯れる原因になるので、清潔な手袋をはめて余計な力を加えないように心がけます。

観葉植物の植え替えを行う際の衛生管理について

観葉植物は植木鉢やプランターに植え付けて室内で育てるのが一般的ですが、植物の成長が続くと根詰まりを引き起こすことがあります。
根詰まりを放置すると植物の成長が妨げられ、枯れてしまうこともあるので速やかに植え替えを行う必要があります。
植え替え作業はサイズが大きい植木鉢やプランターを使用しますが、観葉植物の根が巻き込んだ大量の土がこぼれ落ちることを考慮して事前に作業場の整頓を済ませておくことが大切です。
また、異物の混入を防ぐために作業に必要が無い物は置かず、観葉植物に傷をつけないように慎重に進めるように心がけます。
土の中には雑草の種や虫の卵が混入していることがあるので、こぼれ落ちた土は必ず綺麗に取り除きます。
屋外での作業は周囲が汚れても清掃が速やかに行える利点がある一方で、植え替えの際に異物が混入しやすい欠点もあります。
また、植物の品種によっては日焼けで傷んでしまうこともあることから、日光が当たらない日陰で丁寧に作業を行う事が長持ちさせるための心得です。

おすすめWEBサイト 5選

宇都宮でマウスピース矯正をするなら
http://www.utsunomiya-kyousei.jp/

最終更新日:2016/11/10

Copyright 2015 お部屋にも潤い観葉植物  All Right Reserverd.